おはようございます。 あさひ鍼灸院、有馬です。 私は毎朝、NHKの連ドラを見ています。 その後の番組が「あさイチ」 少しだけ見ることもあるのですが、健康に関する物もたまにやってます。 昨日はインフルエンザについてでした。 年末からの1週間で135万人の感染者増ということで、引き続き流行しているようです。 今年の流行型は、先日のブログでも書きましたがA香港型。 このA香港型の特徴は

  • 感染力が強い
  • 変異しやすい
  • インフルエンザの予防接種での効果は40から60パーセント
  • 重症化しやすい

ということでした。 子供とお年寄りは特に重症化しやすいので注意が必要です。 高熱が続くと脳炎になる可能性もあるので

  • 薬を飲んでも高熱が続く
  • 熱性けいれんをおこしている(目がうつろ、手足がこわばる)

等の時は、すぐに病院へ行きましょう! また高齢者は、周辺にインフルエンザの感染者がいる場合、タミフルなどの抗ウイルス薬を事前にもらうことができるそうです。 同居の家族がインフルエンザにかかったときなど、主治医さんに相談するとよさそうです。 もちろん感染しないことが一番ですよね。 お灸には免疫を高める働きがあるので、お試しください^^

投稿者プロフィール

有馬 智志
有馬 智志院長
平成14年に国家試験に合格し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師免許取得。2年間の整形外科勤務の後、平成16年にあさひ鍼灸院をはじめる。
くわしくはプロフィールのページをご覧下さい。

所属
全日本鍼灸学会
全日本鍼灸マッサージ師会
鹿児島市保険鍼灸師会 理事