先日、新聞を見ていてみつけたのが

胃がんの原因の8割がピロリ菌の感染である。
除菌することで胃がんの発症を3から4割減らせる。

というものです。
これってすごいですよねぇ。
原因がわかれば対策をすることができますもんね!
家系に胃がんになった人がいる場合など、ピロリ菌に感染しているか調べてみた方がよいでしょう。
胃潰瘍の既往があるひともですね。

むしろ、みんな受けた方がいいかもしれません。
ただし、お薬は指示されたとおりに飲まなければいけません。
忘れて飲まない日があると、除菌失敗してしまいます。
抗生物質を飲むので耐性菌の問題へとつながります。
できれば1回で治療を終えたい物です。

ちなみに再感染する場合もあるようです。
ピロリ菌を除菌しても、胃の調子の悪いときは早めに病院で検査したほうが良さそうです。

 

投稿者プロフィール

有馬 智志
有馬 智志院長

平成14年に国家試験に合格し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師免許取得。2年間の整形外科勤務の後、平成16年にあさひ鍼灸院をはじめる。
くわしくはプロフィールのページをご覧下さい。

所属
全日本鍼灸学会
全日本鍼灸マッサージ師会
鹿児島市保険鍼灸師会 理事