冷え性ってありますよね。
手先・足先が冷たくなったり、腰から下が冷えたり。

私は男のくせに冷え性です。
冬は当たり前ですが、夏にも靴下をはいて寝ていたぐらいです。

鍼灸は体質改善ができますが、これまで自分のことはやっていませんでした。
昨年の冬(2013年12月~2014年3月)は、ちょっと自分のこともやってみようということで、冷え性対策のお灸をしました。

寒い時期も、いつもの冬より気持ち手足の冷えが改善されていました。
それでもまだ暖かいまではありませんでした。
そしてそのまま桜の時期をむかえ、なにもしなくなりました。

そして迎えた夏。
意識してなかったのですが、夜の靴下をはかなくなっていました。

梅雨の頃、湿度が高くて裸足だと床がべたべた感じませんか?
これ、冷え性だと気づきません。
靴下はいてますから。
今年はべたべた気持ち悪いと思ったんです!
そう、お風呂上がりに靴下をはこうと思わなくなっていました。
いつのまにか。

昨年までは、夜、寝るときにエアコンついていると足が冷たくなっていました。
靴下をはいていてもです。

今年は、靴下なしで寝ています。
もちろんエアコン使用しています。

冬にやっていた冷え性の治療は、確実に私の体を変えていてくれたようです。
それに気づいたので、また冷え性のお灸やっています。
外は猛暑なんですけどね(^_^;

体質を改善するには時間がかかります。
細胞が、入れ変わるのにも時間がかかります。
暑い夏ですが、冷え対策はじめてみませんか?

投稿者プロフィール

有馬 智志
有馬 智志院長

平成14年に国家試験に合格し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師免許取得。2年間の整形外科勤務の後、平成16年にあさひ鍼灸院をはじめる。
くわしくはプロフィールのページをご覧下さい。

所属
全日本鍼灸学会
全日本鍼灸マッサージ師会
鹿児島市保険鍼灸師会 理事