こんにちは、マッサージ・はり・きゅうで元気な毎日を! あさひ鍼灸院の有馬です。

鍼灸院というと体のどこかが痛い時に行く場所と思われていることが多いですが、そのほかにも色々な症状のお客様がいらっしゃいます。
もちろん、病気という人ばかりでなく、疲れがたまっていたり、ストレス解消だったり、リフレッシュのためだったりといろいろです。

先日、「慢性疲労症候群」の方がいらっしゃいました。

この病気の名前ぐらいは聞いたことがあったのですが、実際の患者様にお会いしたのは初めてです。
マッサージの時にいろいろ教えて頂いたのですが、病名から想像するよりも大変な病気のようです。

インターネットがあると、このようなときは便利です。
お客様が帰られた後に、検索して概要を頭に入れます。
難病なのかなと思い、

難病情報センター

を見てみましたがありませんでした。
今回は以下のサイトで勉強させて頂きました。
とても一日では読み切れませんね(汗)

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/guide/efforts/research/kuratsune/index.html

https://www.ishamachi.com/?p=25157

肉体的な疲れが原因というわけではないようで、脳神経系、内分泌系、免疫系など広範囲の異常が見られるようです。

ストレスをためないように、睡眠不足にならないように。
疲労感が出ない程度の運動もよさそうです。

マッサージを受けると、その晩はよく眠れたとの感想が多くあります。
またストレス解消にマッサージに来ているんだよと言われたこともあります。

医学的にもまだまだ調査中のようで、マッサージが慢性疲労症候群に効くという研究もありません。
それでもマッサージの持つ基本的な効果を考えると、十分にサポートできそうです。

投稿者プロフィール

有馬 智志
有馬 智志院長

平成14年に国家試験に合格し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師免許取得。2年間の整形外科勤務の後、平成16年にあさひ鍼灸院をはじめる。
くわしくはプロフィールのページをご覧下さい。

所属
全日本鍼灸学会
全日本鍼灸マッサージ師会
鹿児島市保険鍼灸師会 理事