こんにちは、マッサージ・はり・きゅうで健康な毎日を応援しているあさひ鍼灸院です。
ブログを見に来ていただいてありがとうございます。

昨日は西陵から初診の患者様がいらっしゃいました。
ホームページで検索して見つけていただいたようです。

最近はホームページをみていらっしゃる方が増えてきました。
当院は開院当初からホームページを作っているのですが、来院につながってきたのは最近です。
スマホの普及と関係しているのかもしれませんね。

雨の日に尻餅をついてしまったということで、歩いているとおしりから太もも、ふくらはぎから足の裏までぴりぴりしているとのことでした。

体を触ると、背中の方はとても硬くなっており、腰は逆に力がない感じです。
足の方はふくらはぎが硬くなっています。

はり・きゅう・マッサージと全体的なバランス調整を行いました。
骨盤周囲の筋肉の緊張も左右差がありましたがだいぶ改善できたようです。

発症からの期間の3倍かかる

以前読んだ本に、治るまでの期間は発症してからの3倍が目安になると書いてありました。
今回の患者様のように、発症がはっきりしており、来院までの期間が短い場合はわりあい症状の改善が早いです。

これに対して、変形性関節症のような慢性病となると発症そのものもはっきりしません。
また変形があるため、症状の改善と悪化の繰り返しになります。

同じ慢性のものでも、睡眠障害やうつなどは時間はかかりますが、体のつくり自体の変化はありませんので症状は改善されます。
この場合も、早く治療を始めた方が治りは良いようです。

体に気になる症状がある場合は、当院でも病院でも早めの受診がおすすめですよ!

投稿者プロフィール

有馬 智志
有馬 智志院長
平成14年に国家試験に合格し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師免許取得。2年間の整形外科勤務の後、平成16年にあさひ鍼灸院をはじめる。
くわしくはプロフィールのページをご覧下さい。

所属
全日本鍼灸学会
全日本鍼灸マッサージ師会
鹿児島市保険鍼灸師会 理事