芸能人の罹患などで注目度の高くなっている乳がん。
欧米型の食事で乳がんにかかる可能性が高くなるそうです。

食事パターンと乳がんリスクとの関連について

大まかに言うと、15年間追跡調査したところ欧米型の食事グループは乳がんリスクが上昇。
伝統型や、健康型はリスクの上昇は見られなかったそうです。

どの型がどんな物を食べていたのかなどは先ほどのリンク先を参照して下さい。

先日発表があったように、ガンの中でも乳がんの罹患率は女性で1位となっています。
そして東京は乳がんの罹患率が高かったとのこと。
欧米型の食事をする若い人が多いのも理由の一つかもしれませんね。

ちなみに伝統型の食事だと男女とも胃がんのリスクが高まるそうです。
胃がんはピロリ菌が原因ともいいますが、両者の関係はどうなのでしょう?

ピロリ菌と胃がん

どうやらピロリ菌を除去しても伝統型だとやばいかもしれません。

ちなみに乳がんのリスクを高めるのは欧米型の食事だけではありません。
喫煙、大量の飲酒、閉経後の肥満などはリスクが高まるそうです。

毎日のことが将来をつくります。
いろいろ知っておいた方がよいことがありますね!

 

 

投稿者プロフィール

有馬 智志
有馬 智志院長

平成14年に国家試験に合格し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師免許取得。2年間の整形外科勤務の後、平成16年にあさひ鍼灸院をはじめる。
くわしくはプロフィールのページをご覧下さい。

所属
全日本鍼灸学会
全日本鍼灸マッサージ師会
鹿児島市保険鍼灸師会 理事