こんにちは、あさひ鍼灸院の有馬です。

11月も半ばを過ぎましたが風邪などひいていないでしょうか?
そろそろインフルエンザの予防接種の時期です。
インフルエンザの予防接種に関しては、効果がある、効果が無いなど様々な議論があるようです。
私は訪問マッサージなどで高齢者と接したり、施設に入るので感染を広めないためにも受けるようにしています。

色づく紅葉の写真

効果があるという説では

感染の予防はできないが、発症をある程度抑えることができる。
発症しても重症化を防ぐことができる。
となっています。

特に65歳以上の高齢者では重症化予防の観点から市町村で予防接種の助成も行われています。
昨年の新聞記事等で、乳児や中学生は発症防止の効果もあまり見られなかったが、それ以外の年代では発症防止の効果があったとありました。
また重症化予防の効果もあったようです。
ただしB型についてはその効果がなかったとありました。

予防接種の効果が無いという説もあります。

感染がそもそも防げない。
重症化(肺炎やインフルエンザ脳症)は、インフルエンザウイルスのせいではない。
予防接種による副反応が問題などです。

どうするかは人それぞれ

どちらの説を信用したら良いのでしょう?
正直言って私にもわかりません。
ただ”もしも”のことを考えると、受けておきます。

重症化したら、仕事を長く休まねばなりません。
しんどい思いもしますし。
家族も出社できなくなる場合もあります。

そう考えると効く方に賭けたいと思います(^_^)

風邪をひく前にインフルエンザの予防接種へ行きましょう。
体調を崩してからでは、受けたくてもうけられません。

事前に病院に電話してみましょう。
予約がないとできない場合も多いですよ。

 

そのほかの予防法

 

インフルエンザは湿度が下がると感染しやすくなります。
部屋の中、特に寝室の湿度を高めにしましょう。
結露してしまうのが嫌という方も多いですが、健康である方が良いと思いますよ。

また無理をしないことも大切です。
寒さをこらえる。
寝不足。
暴飲暴食。
体に無理が来ると、病気にかかりやすくなります。
とくにこれからの忘年会シーズン、さらに仕事納めに突き進む時期はご注意下さい。

あとは手洗い、うがい。
とくにうがいを頻繁にすると良いようです。
うがい薬は使わなくとも水でOK!
うがいができないときは、水分補給だけでもやってください。

最後にこそっとアピール!
お灸は免疫を強くする効果があるといわれています。
あさひ鍼灸院を予防にお使い下さい(^-^)v

投稿者プロフィール

有馬 智志
有馬 智志院長

平成14年に国家試験に合格し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師免許取得。2年間の整形外科勤務の後、平成16年にあさひ鍼灸院をはじめる。
くわしくはプロフィールのページをご覧下さい。

所属
全日本鍼灸学会
全日本鍼灸マッサージ師会
鹿児島市保険鍼灸師会 理事