数日前新聞を見ていると、不妊と判断するのに夫婦生活があっても2年間妊娠しない場合から1年に見直す案が発表されたと載っていました。

この期間は不妊治療を始める目安となっているようです。

WHOの基準でも1年となっているとのこと。

 

基準はどうであれ、子供が欲しいと思いつつも、なかなかできないなとふと思うことがあれば気軽に病院を受診してみていいのではないでしょうか?

とくに30代に入っている方であればなおさら。

体に問題のない不妊もあります。

その場合夫婦生活のある期間よりも、女性の年齢の方が妊娠にはおおきな影響をあたえます。

だからこそ、

「私はまだ2年たたないから」、とか「1年たってないから」

ではなく、ふと不安に思うときに早めに行動をおこすことがおすすめです。

 

7月分の土曜日の予定も予約サイトの方公開しました。

ご予約お待ちしています!

投稿者プロフィール

有馬 智志
有馬 智志院長

平成14年に国家試験に合格し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師免許取得。2年間の整形外科勤務の後、平成16年にあさひ鍼灸院をはじめる。
くわしくはプロフィールのページをご覧下さい。

所属
全日本鍼灸学会
全日本鍼灸マッサージ師会
鹿児島市保険鍼灸師会 理事